2011年03月25日

放射能による水道水汚染、及び浄水器の効果

原発放射能における水道水の汚染についてということで、珍しく記事を更新しています。

原発放射能による水道水汚染について2
原発放射能による水道水の汚染について(2011年3月23日)

比較的急を要する話ですので、その時点で気づいた話を書いたのですが、その中で厚生労働省のいう暫定基準値の前提がよくわからないままだったので、結論らしい結論は書きませんでした。

その後、調べてましたら厚生労働省の暫定基準値に対する見解を述べる文章を発見したので、引用します。

(参考2)「飲食物摂取制限に関する指標」の考え方

原子力安全委員会により、ICRPが勧告した放射線防護の基準(放射線セシウムは実効線量5ミリシーベルト/年、放射線ヨウ素は実効線量50ミリシーベルト/年)を基に、我が国の食品の摂取量等を考慮して食品のカテゴリー毎(飲料水、食品等)に定められている。

(参考3)放射能等の強さを示す単位について
放射能とは、放射線(エックス線等)を出す能力のことを言う。「飲食物摂取制限に関する指標」に示す単位Bq(ベクレル)は放射能の強さを計る単位であり、単位時間内に原子核が崩壊する数を表している。1ベクレルは、1秒間に1個の原子核が崩壊して放射線を出す放射能の強さのことを言う。一方、人間が放射線を浴びた時の影響度を示す単位として、Sv(シーベルト)がある。

Bq(ベクレル)とSv(シーベルト)は以下のように換算できる。

(例1) 200Bqの放射性セシウム137が検出された飲み水を1kg飲んだ場合の人体への影響は、200×1.3×10−5(※)=0.0026mSv(ミリシーベルト=Svの1/1000)となる。
(例2) 300Bqの放射性ヨウ素131が検出された飲み水を1kg飲んだ場合の人体への影響は、300×2.2×10−5(※)=0.0066mSvとなる。

※ 実効線量係数(経口):放射能の単位であるベクレルから生態影響の単位であるシーベルトに換算する係数。核種、化学形、摂取経路により放射線障害防止法などで規定。

続きを読む
posted by あゆ at 01:00 | 水に関する豆知識

2011年03月24日

原発放射能による水道水汚染について2

前回の記事、原発放射能による水道水の汚染についてが長くなってしまったので、途中で一旦切りました。

水道水を飲んで大丈夫か、ということに関して、まずは基準値というのはその程度の指標であると理解したほうがよいと思います。

それから、最近言われている乳児100Bq/kg、大人300Bq/kgというのは、ヨウ素131の指標です。
ヨウ素は半減期が8日ほどだから、すぐ消えるので大丈夫ですよ。
と言っていますが、その半減期も加味した300Bq/kgでしょう。

セシウムの摂取制限指標は200ベクレル/kg、プルトニウム239などは、1ベクレル/kgです。

半減期が短いから300に近くても大丈夫、というのは無責任。
そもそも、半減期が短いから300bq/kgなんだ、ということです。

続きを読む
posted by あゆ at 22:58 | 水に関する豆知識

原発放射能による水道水の汚染について(2011年3月23日)

東北関東大震災、福島第一原子力発電所の一連のトラブルにより、ついに水道水にまで放射性物質が混入する事態となりました。
東京都内も含め、場所によっては乳児に影響が出るとされる100Bq/kg(100ベクレル パー キログラム)を超えてしまった浄水場もあります。

報道では、あまり細かい説明がなされていないように思えますので、必要以上に怖がったり、必要以上に楽観される方もいらっしゃると思います。

放射能についてイメージできる程度には理解し、現実に示された数値を正確にとらえる必要があるかと思います。


放射能は、放射性物質が放射線を出す能力を指し、例えば福島原発上空で計測される放射線とは分けて考える必要があります。

風に運ばれたり、雨に含まれて降ってきたり、水道水に溶け込んでしまう放射性物質は、体に取り込まれた後に、ある確率で放射線を出します。
それも、体内という至近距離で放射線を浴びることになりますので、微量でも危険ということになります。

続きを読む
posted by あゆ at 22:15 | 水に関する豆知識

2006年02月28日

残留塩素とは

水中に塩素を注入することによって水中に残留した有効塩素をいい、次亜塩素酸などの遊離有効塩素(遊離残留塩素)とクロラミンのような結合有効塩素(結合残留塩素)に区分されます。
残留塩素の測定にはオルトトリジン法とDPD法とがあります(水道整備課長通知)。衛生上の措置として給水の残留塩素を遊離残留塩素として0.1mg/L(結合残留塩素の場合は0.4mg/L)以上保持するよう規定しています(水道法施行規則16条)。ただし、上限はありません。(快適水質項目【水質基準を補完する項目;おいしい水など、より質の高い水道水を供給するための目標値】として1mg/g 程度以下とされています。)

なお、オルトトリジン法は平成12年12月26日付け通知により平成14年4月1日より検査方法から削除され、新たにDPDによる吸光光度法が採用されています。
posted by あゆ at 17:07 | 水に関する豆知識

2006年02月21日

水の知識〜六価クロム〜

6価の形で存在しているクロムのことです。水に溶けるとクロム酸および重クロム酸を生成します。メッキ廃水に多量に含まれ、6価クロム塩を多量に摂取した場合、嘔吐、下痢、尿毒症などを引き起こします。致死量は成人の場合K2CrO7で0.5〜1g。
posted by あゆ at 16:26 | 水に関する豆知識

水の知識〜鉛〜

方鉛鉱、白鉛鉱を原料鉱として得られる、軟らかく加工しやすい金属です。近年は水道メータの前後など一部に限られていますが、昔から水道管として使用されています。

hinketu.gif
かつては鉛の表面に酸化被膜ができ、鉛は溶けにくいといわれていましたが、最近その溶出が問題視され、水道事業体ではステンレス管などに切り替える傾向にあります。

鉛は神経系の障害や、貧血、頭痛、食欲不振、鉛疝痛などの中毒症状を呈することが知られています。
posted by あゆ at 16:25 | 水に関する豆知識

水の知識〜ヒ素〜

自然界では銅、鉄、水銀、鉛、ニッケルなどの鉱物と共存し自然水中に溶出するほか、鉱山排水や工場排水、ヒ酸石灰やヒ酸鉛などの農薬の混入によっても水中に含まれることがあります。

ヒ素化合物の毒性はその結合形によって異なりますが、通常、3価および5価のヒ素化合物として存在し、いずれも毒性を持ちますが、5価のヒ素の方が3価のヒ素よりも毒性は強力です。

可溶性無機ヒ素化合物を摂取すると急速に吸収され、肝臓、腎臓、消化管などに強く作用します。測定方法には、ジエチルジチオカルバミン酸銀法、原子吸光光度法などです。
posted by あゆ at 16:21 | 水に関する豆知識

2006年01月17日

水の知識〜トリハロメタン〜

メタン(CH)の水素原子3個が、塩素、臭素、あるいはヨウ素に置換された有機ハロゲン化合物の総称のことで、THMと略称されます。これらのうち、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムの各濃度の合計を総トリハロメタン(TTHM)と呼ばれます。

煮沸 水道水中のトリハロメタンは、水道原水中に存在するフミン質などの有機物を前駆物質として、塩素処理によって生成する。なかでもクロロホルムは発癌物質であることが明らかとなっているため、水道水水質基準では水道水中の総トリハロメタンを0.1mg/gと定められています。

家庭でのトリハロメタンを除去する簡単な方法として「煮沸」による方法があり、5分以上沸騰させてから使用するとよいでしょう。

クレジットカード お得
posted by あゆ at 19:01 | 水に関する豆知識

水の知識〜活性水素〜

通常水素は、水素原子(H)が二つ結合した分子状態(H)(H)で結合し、その結合はめったに離れることはありません。しかし、まれにその結合が解かれ、原子が単独で存在するケースがあります。この単独の水素原子が活性水素と呼ばれています。



posted by あゆ at 18:52 | 水に関する豆知識
RSS取得
Copyright © 2005 浄水器徹底比較サイト. All rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。