2006年02月28日

残留塩素とは

水中に塩素を注入することによって水中に残留した有効塩素をいい、次亜塩素酸などの遊離有効塩素(遊離残留塩素)とクロラミンのような結合有効塩素(結合残留塩素)に区分されます。
残留塩素の測定にはオルトトリジン法とDPD法とがあります(水道整備課長通知)。衛生上の措置として給水の残留塩素を遊離残留塩素として0.1mg/L(結合残留塩素の場合は0.4mg/L)以上保持するよう規定しています(水道法施行規則16条)。ただし、上限はありません。(快適水質項目【水質基準を補完する項目;おいしい水など、より質の高い水道水を供給するための目標値】として1mg/g 程度以下とされています。)

なお、オルトトリジン法は平成12年12月26日付け通知により平成14年4月1日より検査方法から削除され、新たにDPDによる吸光光度法が採用されています。
posted by あゆ at 17:07 | 水に関する豆知識
RSS取得
Copyright © 2005 浄水器徹底比較サイト. All rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。