2006年02月21日

水の知識〜ヒ素〜

自然界では銅、鉄、水銀、鉛、ニッケルなどの鉱物と共存し自然水中に溶出するほか、鉱山排水や工場排水、ヒ酸石灰やヒ酸鉛などの農薬の混入によっても水中に含まれることがあります。

ヒ素化合物の毒性はその結合形によって異なりますが、通常、3価および5価のヒ素化合物として存在し、いずれも毒性を持ちますが、5価のヒ素の方が3価のヒ素よりも毒性は強力です。

可溶性無機ヒ素化合物を摂取すると急速に吸収され、肝臓、腎臓、消化管などに強く作用します。測定方法には、ジエチルジチオカルバミン酸銀法、原子吸光光度法などです。
posted by あゆ at 16:21 | 水に関する豆知識
RSS取得
Copyright © 2005 浄水器徹底比較サイト. All rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。