2006年01月12日

水道局関係者を装う悪質な訪問販売にご注意ください!

最近、水道局職員や水道局関係者を装う悪質な訪問販売等が多発しています。

 ケース1.『水道管が汚れています』などと言って、高価な水道管清掃を強要する。
 ケース2.アンケートに答えてくれなどと言うので取り合うと、
      浄水器を無料で取り付けた後、高価なフィルター交換の長期契約を強要する。

 ケース3.『水質の検査です』などと言いながら、高額な浄水器契約を強要する。
 ケース4.『じゃ口の点検です』と言って、数人で訪れ、家の中の各蛇口を
      案内しているあいだに現金を盗まれた。

水道局では、
 水道管清掃のおすすめ浄水器の販売電話や訪問販売でのアンケート
 ・依頼していない水質検査依頼していない蛇口などの点検

などは行いません。

こういった水道局職員、水道局関係者を装う悪質な詐欺行為が最近多発しているそうです。ます第一に、家の中に絶対に入れてはいけません。自分は大丈夫、と思っていても犯人の手口は巧妙です。

次に、職員証の提示を求めましょう。水道局の職員の方は職員証を携帯していますし、水道局発注の工事業者の身分は水道局で確認できます。

不審な点があったり、ちょっとでもおかしいな、と思ったら管轄の水道事業所に連絡を取りましょう。



作業員の男性画像また、漏水など水道の調子が悪かったりしてもこういった訪問販売の修理業者に依頼するのは注意が必要です。一般的に、水道局が扱う漏水の修繕では

 ・配水本管から水道メーターまでの修繕は、水道局で施工(有料工事となる場合あり)
 ・水道メーターからじゃ口までの修繕は、指定給水装置工事事業者で施工(有料工事となる場合あり)

という区分で水道局または指定業者が修繕してくれます。業者は慎重に選びましょう。また水道局に申し込めば点検に来てくれます。
posted by あゆ at 17:42 | 関連記事
RSS取得
Copyright © 2005 浄水器徹底比較サイト. All rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。